木原直哉オフィシャルブログ

プロポーカープレーヤー、木原直哉が、思ったことを書いていきます。道場やってます。https://lounge.dmm.com/detail/308/

カジノと依存症

カジノが日本にも出来るかどうかという話題が出ると、ほぼ必ず、依存症との話題がセットになります。

カジノを推進する側と否定する側の議論でよく見るのが

「既に実質のカジノであるパチンコが溢れている状態で、作っても特に変わらない」

「いや、現状でギャンブル依存症がこれだけ深刻なんだから、そこにカジノを作ったらもっと悪いことになる」

というような論調です。

 

この手の議論を見ていて、自分はいつも思うのです。どっちもズレてるよね、と。

ギャンブル依存症はよく問題になりますが、依存症はギャンブルだけではありません。

合法なものから非合法なものまでたくさんあります。

お酒、タバコ、ゲーム、ドラッグのような、無くても困らないものから、買い物依存症の様に、買い物自体は無くてはならないものながら、ある程度以上依存すると深刻な害をもたらすものまであります。

買い物と同様な依存では、塩分、糖質への依存や、そもそもの食事行為への依存。

それから、人への依存(執着)もあります。ストーカーも同じ括りだと自分は思います。

タイガーウッズがマスターズで14年ぶりに優勝したニュースは非常に良いニュースですが、彼がセックス依存症だと言うことで話題になったのを思い出した人も多いかと思います。

 

必ず一定の人数、依存症になる人はいます。

たまたまそれがお酒だったりタバコだったりドラッグだったりセックスだったり糖質だったり。

その中の一つとして、ギャンブルもあるのです。

ギャンブル依存症になる人は、仮にギャンブル的なものが無かったらかなりの割合で別のなにかに依存するのであって、問題の根っこはギャンブルがあるかどうかではないのです。

(自分はその研究者ではないので、ソースは?と聞かれても困りますが、あくまで自分の意見として聞いてもらえたらと)

 

カジノはこれから出来るわけですが、その業者や業界に対して、必要以上に依存症対策を迫られているという感覚があります。

ある程度以上高頻度で通っていたら対策を取らないといけないとか、必要以上に魅力的に表現するなとか。

でもですよ、依存症が問題なのはギャンブルに限ったことではなく、買い物だって同じなわけです。

「必要以上に魅力的に商品を宣伝してはいけない」

「週○回以上日用品以外の買い物に来ている客が居たら、報告を義務付ける」

とかをデパートに課すようなものです。

当然ですが、そういう対策をデパート等は一切取っていません。なのに、なぜカジノ業界だけそれを課されないといけないの?それは不公平じゃないの?と思うのです。

 

結局、カジノ(パチンコ)に依存するのはカジノが悪いけど、買い物に依存するのは個人の自己責任だ、という主張は自分は一貫性がないと感じます。

 

結局、依存症になる人は一定人数います。

依存症から脱却出来ていない人は、仮にギャンブル依存症だったのがギャンブル施設に行けなくなったら、お酒とかに依存するのです。逆もまた然り。

カジノが出来ることで依存症の人が増えるとは自分は全く思わないし、むしろ他の業界より依存症対策がしっかりなされている分だけ、そういう人がカジノに来ることで治療を受けることが出来るという事例もかなり出てくるのではないかと思います。

 

 

ちなみに、依存の先として、それら以外にも仕事への依存という人もかなりいるかと思います。

他の依存と違う点は、仕事に依存しすぎても、生活が壊れることはないのですよね。仕事しすぎて家庭で不満を持たれて云々はあるかもですが。

よく聞く、

「仕事熱心だった人が突然○○にハマって・・・」

というのは、依存体質で仕事にうまく依存出来ていた人が、仕事がうまく行かなくなったり人間関係で困った際に他のものに依存してしまうのが原因じゃないかなと思います。

正直、将棋のプロ棋士なども、かなり依存体質な人が多い気がします。

依存は言い換えると熱中と同じなわけで、それがたまたまいい方向に向いた、というのではないでしょうか。それは非常に幸運なことだっただけですが、自分はそれこそが依存症対策の一番の突破口になるのではと思います。これからの時代、全員がいわゆる普通の職業につかなくても社会が成り立つわけですから。

 

 

ポーカー界に、グレッグマーソンというプロが居ます。

彼は10代後半から薬物依存症になりますが、その後ポーカー依存症と言っていいくらいポーカーに熱中して一気に強くなり、薬物依存症から立ち直ります。それだけだったら単なる依存先が変わっただけですが、彼はポーカーに非常に強い適性がありました。そして2012年に、WSOPの1万ドル6マックスを優勝し、同年にWSOPメインイベントも優勝したのです。特に残り3人になった時は、今までの常識では存在しなかったプレーを使い、他の二人(二人とも若くて強いプロ)は目新しいプレーにうまく対応出来ずに圧倒されるという内容で、歴代のWSOPメインイベントチャンピオンの中でも別格の評価を得ています。

 

 

話がそれてしまいましたが、自分はカジノが出来たからと言って依存症が増えるとは思わないです。

依存体質な人が依存先が仕事からカジノになった場合のみ、カジノによる依存症が増加したと言えるでしょうが、それと同等以上の人数が、他の対策が全くされていない依存先からカジノに来ることによって、カジノの依存症対策プログラムで救われると思うのです。

 

 

上野千鶴子さんの東大祝辞を読んでの感想

ちょっと時間があったので、話題になった上野千鶴子さんの東大祝辞を読んでみました。

 

これ、一般的な記事としては、いくつかの正確性の微妙な表現を除けば(そしてそれはこういう話す場ではしょうがないです)良い発言じゃないでしょうか。

もしこれが雑誌の記事だったりすると高評価なのは分かります。

しかしこれ、前半の2/3は、最初から東大への新入生へ向けた発言じゃなく、それをこうやって記事として引用してもらいたいが為の、記事化された先の読者へのメッセージにしか読み取れません。

そして、それなりに話題になって記事として取り上げられてもらえることを計算した上でのこの祝辞であると感じるのです。

 

後半の1/3は、本当に東大生へのメッセージとして良いものだと思います。

「いままで努力は報われると信じてきたものは環境のおかげだ」

という発言などは結構本質的だと思うし、頑張っても報われない事がある、ということをこれから頑張っていく新入生の祝辞で言うなんて、的な批判もあるけど、むしろそういうことをこの段階で知識として教えておくのは有益だと自分は思います。

 

しかしだからこそ、TPOをわきまえておらず、明らかにこの場を利用した序盤の2/3の発言が残念でなりません。そうやって議論をしてもらえたこと自体が、上野先生からするとしてやったりくらいに今は思っているでしょう。しかし、彼女の政治的な意見を広める場として東大入学式が「利用された」のであって、発言内容が良いからとこのスピーチを全肯定するのはおかしいと自分は思うのです。

「それくらいしないと社会は変わらないから」

というような擁護はあるかもだけど、だからといって入学式を私用するのは良くないと自分は思うのです。

 

全く同じスピーチが、仮に有名芸能人の結婚式であったらどうでしょうか。

内容は良くても明らかに場違いだし、結婚式が台無しにされたと感じるでしょう。

それに近いものを感じるのです。

 

繰り返しますが、この序の2/3の発言は最初から東大生へ向けたものではなく、その後ろの記者と読者に向けたものであったこと。祝辞なので、厳しいことを言うのも含めて内容のすべてが東大新入生への言葉であるべきなのに、あえてTPOをわきまえずに、しかも拡散されやすいことを計算の上で、新入生向けでない発言をしたこと。そこに自分はこのスピーチの場違い感があるし、現地に居た新入生による批判はそれを感じ取ったのだと思います。

 

なぜ麻雀AIは強くならないのか

世の中にあるある程度以上メジャーなゲームは、ほぼAIが人間のトップを確実に凌駕しました。

1990年台にオセロ(リバーシ)、チェスからスタートし、2000年前後にバックギャモン。2013から2014年頃に将棋、2016年に囲碁

ポーカー(ノーリミットホールデム)はというと、2017年にヘッズアップで人間が負けたのが記憶に新しいところです(記事を書かせていただきましたし、ブログでも紹介しました)。6マックスのノーリミットホールデムは、多分世界トップクラスでしょう。ただし、超えているかどうかは微妙だと思いますが。

 

一方、麻雀は爆打を見るしかありませんが、現在の最強AIの一つである爆打の通算成績は特上卓(麻雀サイト天鳳での上から2番目のテーブル)で、安定段位6.55。

しかしこれは、最新のバージョンだけでの数字ではないので、実際はもうちょっと強いかと思いますが、それでも7を超えているとは思いにくいです。

(実はこの記事を書こうと思って調べるまでは、7を超えているのかと思ってましたが)

AIは鳳凰卓(最高テーブル)で打つことを許されてませんので単純な比較は出来ませんが、人間のトップと思われている人たちは鳳凰卓で安定段位9弱を出していますので、条件をどんなに爆打に有利にしても、人間のトップに近いところにいるとすら言うことは出来ないと思います。

 

囲碁や将棋が既に人間のトップより遥か遠くまで強くなってしまっているのに、なぜ麻雀AIはそんなに強くなっていないのでしょうか。

 

 

AIが人間を超えたと断言出来るには何が必要でしょうか。

2017年の人間トップ対AIのヘッズアップ勝負では、4人のプロが3万ハンドずつプレーし、12万ハンドをこなしました。

1人のプロが微負けで、他の3人は大敗。トータルでも大敗でした。

ところで、3万ハンドと言いますが、仮に1時間で100ハンドずつこなしたとしましょう。すると、3万ハンドは300時間です。これクラスのプロなら、ライブキャッシュゲームを打てば時給1000ドルは超えるくらい稼ぐ人たちです。すると、この勝負を成立させるためには、1000×300×4人で120万ドル、1億3000万円以上を用意しないと成り立ちません。実際は対局料で30万ドルくらいで引き受けてもらっていますが、これはプロ側がかなり妥協した数字とも言えます。その結果、当時のヘッズアップの世界トップ3と言われていた人からは、1人(その人が微負けで終わった人)だけで、残りの3人は、将棋で言うところのBクラスプロ、という感じの人たちでした。

もちろん、そのプロたちをそこまで負けさせるのはトップの人間ですら無理だと思うし、2017年にヘッズアップで人間トップが負けたと認めないわけではありませんが。

 

ヘッズアップが終わったのなら、次は6人テーブルでしょう。

ところで6人テーブルなら、降りているハンドが多いため、ハンドあたりの上下は下がります。なので、12万ハンドより多くのハンド数を必要とするでしょう。

一方、人間5人対AI1アカウント勝負なのか、人間3人対AI3アカウントなのかはわかりませんが、いずれにせよ必要なギャラは3倍以上になります。また、降りている待ち時間もかかるので、1ハンドあたりにかかるので、実際はもっともっとかかります。

そして、その結果として

人間1・・・+200

AI1・・・+150

AI2・・・+100

AI3・・・+50

人間2・・・ー200

人間3・・・-300

という結果に終わったとして、分散を考慮しないとしても、それはAIが人間を超えたと言えるのでしょうか。

つまり、多人数ゲームだと、人間を超えたと評価するハードルが非常に高いのです。その上、どんどん対局料が必要になります。また、運の要素がある程度以上強いので長期間やりつづけないといけないため、興業としても成り立たせにくいのです。

 

同様の問題は麻雀についても言えます。

そして、AI開発側が、そんな困難を乗り越えてでも人間のトップを超えたと宣言させたいほどのモチベーションはどこにあるのでしょうか。

ポーカーなら、動いているお金がそれなりに大きいため、まだ分かります。とは言え、AIを起動させながらプレーすることはオンライン・ライブともに禁止ですので、法的リスクを侵さない限り、勉強のツール以上でも以下でもありません。

麻雀は、強いAIを作ったところで、それを利益化するのが至難なのです。

 

将棋は、電王戦という注目される場があり、多くの個人開発者が集まりました。

電王戦の賞金だけじゃなく、将棋で名人に勝つということはプログラマーとしての大きな名誉と知名度にもつながります。

囲碁は、GOOGLEが自身の開発力の誇示のために目をつけ、ゆっくりだった進歩を一気に加速させました。

 

もし、GOOGLEが本気で麻雀を攻略しようとしたら。

ゼロから作ったとしても、将棋のアルファゼロを見る限り(ルールだけ教えて、GOOGLEディープラーニングを走らせたら72時間で日本の最強AIを超えたという話です)、自分は1ヶ月持たないと思います。

多人数ゲームであろうと関係ありません。むしろそういう複雑になる要素は、人間のほうが扱うのが難しいのです。

 

しかし、良くも悪くもポーカーや麻雀は、誰が誰より強いかというのを可視化するのが難しいゲームです。だからこそここまで人気が出ていますし、これだけスキル要素が大きいにも関わらず、ポーカーはカジノゲームとして存在可能なのです。

 

 

上には上がいて、その上にはさらに上がいる

今日、ふとしたことから長尾健太郎さんの話題に。

長尾健太郎さんって誰?と思ったら、ググってウィキを読んでください。

 

彼は大学の同期です。自分が1浪で彼が現役なので、年齢は一つ下ですが。

直接の面識は無いですが、大学1年の頃から既に超有名人でした。その後も、噂に違わない活躍をし、将来は日本の数学界を背負って立つ人だと思われてました。ちょうど、将棋の藤井聡太七段級の人がいたと思って貰えたらと思います。非常に残念なことに、病気で31歳で亡くなってしまいました。

自分もそこそこ学業は出来たけど、まさに上のさらに上に居た人だと思います。

 

野球に例えると、学校でエースで四番を背負う人がいて名門高校に進学し、その中で上位が甲子園に出場し、その中で上位がプロに指名を受け、その中で上位が一軍のレギュラーになり、その中で上位がメジャーリーグに渡って中心選手として活躍し、その中で上位がメジャーのオールスターの常連(イチロー選手)になります。

 

将棋に例えると、地域で敵なしの天才少年がいて、その中で上位が奨励会試験に合格し、その中で上位が奨励会を抜けてプロ棋士になり、その中で上位がA級棋士になり、その中で上位がタイトル数期とり、その中で上位が時代の覇者(大山、中原、谷川、羽生、渡辺)になります。

 

いずれも、一つ上に到達するのはその下のカテゴリーの10から20%くらいです。

 

 

学業面に置いては、野球で一軍のレギュラーになったり、A級棋士棋士になったりする級の活躍をする大学の同期や教官がいたりします。

長尾さんは、その一つ上に既に達していて、その後最上位を目指そうという位置に居たと思います。

個人的に東大に入って一番良かったと思う点が、そういう一軍レギュラー級の人と普通に知り合いに慣れたり、(自分はなってませんが運が良ければ)偶然長尾さん級の超天才と同級生になったりして、本当の上の上というものを目の当たりにすることが出来たことかなと思っています。

 

 

ポーカー界で、上の上といえる人は誰かなと思ったとき、世代が近い人たちで言えば、ブライアンラストやスコットシーバー、ちょっと下の世代ではポールボープやショーンディーブやアイクハクストンやアレックスリノウ、その下ならtruetellerなどでしょうか。もちろん一緒のテーブルにいればそれなりに戦える自信はありますが、自分の実力や年齢的にそろそろそこを超えるのは厳しいと言わざるを得ないかなと思ったりもしてます。超えようと頑張ってきたつもりですが。

そういう人とも、WSOPに参加すれば普通に同卓出来ちゃうのがポーカーの良いところですね。

 

なんかとりとめもない文章になってしまいましたが、長尾健太郎さんの話題があってちょっと感じたことを書いてみました。

 

1アウツ=2%という誤解と、公式丸暗記の弊害

twitter.com

 

確率に関する認識がどんなものなのか知りたくて、こんな問題を出してみました。

1200人を超える投票をして頂いてありがとうございます。

そして、正直、あまりの正解率の低さに驚きました。

 

結果だけ見る、が21%なので、

45%と答えた人→30%

55%と答えた人→28%

65%と答えた人→42%

という結果です。

 

正解は、55%です。なんと、3択にも関わらず、正解率が1/3行ってないという結果です。

 

軽く解説すると、2233と4枚出ていて、AK、QJT9、88と8枚見えているので、残りのカードは40枚。

そのうち、Aから9までの6種、6×3=18枚が負けで、2から8までの7種、2と3と8が2枚ずつ、4から7が4枚ずつの、2×3+4×4=22枚が勝ちです。

22÷40=0.55なので、55%というのが正解です。

(何名か、2と3は引き分けと勘違いした人がいるようですが、2も3も勝ちです。ただ、こういう勘違いは、別にそこまで重症だとは自分は思いません)

 

これ、最後のカードがAから9なら負けで8から2まで勝ちと説明を入れてセンター試験に出したら、□□に数字を2つ塗りつぶす形式で、正解率が28%を超えると思うんですよね。今回誤答した人のうち、それなりの割合の人は、大学受験生時代にこの問題を解いたら正解してたと言い切れるんじゃないでしょうか。

 

 

しかし、65%との誤答が非常に多かったです。なぜでしょう。

その多くは、1アウツ=2%と「丸暗記」していたため、負けるのが18枚なので、18×2=36%。なので勝つのは64%、としたのでしょう。

同様に、45%と回答した人のうち、それなりの割合の人は、22枚で勝てるので、22×2=44%、としたのでしょう。

 

日本人が他の国民と比べて、平均的に勤勉で真面目なのは知っていたつもりですが、逆に相当多くの人が、1アウツ=2%と「知って」いたことが個人的には驚きです。真面目です。

 

しかし!!!

 

自分からすると、その「真面目」さの方向がズレていて、かなり多くの人が間違えた努力をしていて、それによって、「頑張っているつもり」だけど成果が出ない、という人もまた多いんだろうなと思います。これが、公式丸暗記の弊害じゃないでしょうか。

 

 

具体的に正解を説明していきましょう。

そもそも、1アウツ=2%の法則ってどこから来るのでしょうか。

自分のカードしか見えてない状態で、ターンでは、場に4枚、自分の手に2枚見えているので、見えていない情報としては、52-6=46枚です。

なので、1枚あたり

1÷46=0.0217・・・≒2%

なのです。しかし、もし8枚見えていたら、場の4枚と合わせて12枚見えているので、見えていない情報は40枚。すると

1÷40=0.025=2.5%

そう、見えている情報が増えると、結果は2%からどんどん遠ざかっていくのです。

 

見えている情報が一番少ない時で、1アウツ2%と暗記するのは、真の値から8%ほど(0.17%は2.17%の8%くらい)ずれるのです。

それくらい良いじゃん、と思うかもしれません。

もちろん、それを理解して1アウツ2%と言うのなら良いです。

 

ところで、3.14の0.14は4.5%です。

円周率を3として計算させることを批判した人は、それくらい良いじゃんとは絶対に思ってないですよね。4.5%の誤差はダメなのに、8%の誤差はOKとか、まさかそんなわけないですよね。

 

結局の所、1アウツ=2%と言うのは、計算を簡易的に行うための精度の低い「近似値(近似された値)」なのです。近似に過ぎないものは近似だと認識しておかないといけないし(円周率だって、3にしても3.14にしても近似値です)、使いたいのならそれを知った上で使うようにする。

 

一番根本にある土台部分。これがしっかりしてないと、どんなに色々なものを学んだとしても、結局、全然身につかない。これはポーカーに限らず、あらゆる学習に共通するものだと自分は思うのです。

 

テスト

twitter.com

 

ブログにツイッターのアンケートを貼ったら、アンケートの結果も見れるのかどうかのテストです。

フロップK64rでのQQと88

ちょっと先週末に話題になったハンドです。

ボタンから2.5bbにレイズ、BBがコール。

フロップがK64r

この時、QQとか88のどちらかでベットしてどちらかでチェックをするとします。

どちらがベットするのにふさわしいでしょうか。

 

 

で、

「エクイティーの実現がどうのこうの」

「勝率がどうのこうの」

「ブロッカーがどうのこうの」

と色々ありましたが、根本的に大切なものを忘れている議論に見えたので、せっかくなので記事という形で書こうと思います。

 

この状況、すごく当たり前のことを書くけど、そもそも4通りしかないのです。

QQでベット QQでチェック

88でベット 88でチェック

 

まず、単純にベットしてコールされた場合を考えましょう。

相手にKを持たれていた場合はどちらも一緒、2アウツを引かないと負けです。

相手が7xを持っていた場合は、どちらも現状勝っていて、相手は5アウツ。

大きく違うのは相手が99からJJを持っていた時のみです(正確には88もですが、組み合わせは1/12です)。

後は、AXのXが8からQの間だった場合にちょっと違う程度。

つまり、ベットしてコールされた場合は、QQも88もそこまで変わらないハンドということになります。

そして、言うまでもないですが、ベットして相手が降りた場合は、QQも88も全く同価値です。

また、ベットしてレイズされた場合もQQならコールするけど88なら降りるとかはないでしょう。なので、ベットした場合は、QQならと88は同価値です。

 

 

ではチェックした場合を比較してみましょう。

チェックしたら、必ずターンカードが開かれます。

ターンで9からQの間以外のカードが落ちた場合は、依然としてQQと88はほぼ同価値です。

しかし、ターンで9からQの間のカードが落ちたらどうでしょう。

相手がプリフロップでBBでコールしてくるハンドには、

QJ、QT、Q9s、Q8s、JT、J9s、J8s、T9、T8s、T7s、98s、97sなどが含まれます。これらは、ベットしたら相手がフロップで普通は降りるハンドたちですよね。

QQを持っていた場合は、相手に9からJがヒットされていても全く問題ありません。むしろ、ターンでベットすることでバリューが増える可能性まであります。

一方、88を持っていた場合は、9からQをヒットされたら逆転されてしまいます。

QQに取って嬉しいターンカードが、88にとっては非常に嬉しくないのです。

つまり、チェックする場合は、QQ>>88なのです。

 

まとめると

ベットする場合、QQ≒88

チェックする場合、QQ>>88

なのです。

 

これ、勝率がレンジに対して何%だとかGTOとかエクスプロイットとかエクイティーとかそういう依然の話であって、QQと88ならQQの方がチェック優位になるのは論理的に考えてごく当然のことだし、ポーカーのプレーとしても全く目新しいものではないのです。

 

 

ポーカーでいちばん大切な能力は論理的思考力だと自分は常々言っているのですが、まさにそれを表現するのにピッタリな良問だと思います。