木原直哉オフィシャルブログ

プロポーカープレーヤー、木原直哉が、思ったことを書いていきます。道場やってます。https://lounge.dmm.com/detail/308/

スタッドハイローの基本的な考え方、ローカード同士編

https://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2020/05/19/112531

この記事の続きです。

 

スタッドハイローでは、Aはハイもローも最強のカードです。

f:id:nkeyno-poker:20200527144537p:plain

相手が456とくっついているような状態で五分。

相手が257のようにバラバラになっている時は55%程度あります。

 

では、4thでA側がハイカード、256側がローカード(8)を引いたとしましょう。

f:id:nkeyno-poker:20200527144750p:plain

 

2568側はまだロードローに過ぎず、ハイもまだストレートドローにすらなっていません。それなのに、既に57%もの勝率があるのです。

スタッドハイローでは、基本的に

「ハイカード(9からK)はゴミカード」

「ローカード(Aから8)が良いカード」

とおぼえておくと良いです。

なので4thでは、ハイカードを引いたA37J側がチェックしてローカードを引いた側がべット、ハイカードを引いた側はオッズコールします。

基本的にはそれと同じことが5thでも起こるのです。

仮に後ろにAAが隠れていても、ハイカードを引いたらチェックすべき(打たれたら、基本的にはコールして情報を隠すほうが自然です、4thはベット額が小さいラウンドなので)なのです。ここでベットしてしまう人は、基本的に即弱いプレーヤー認定です。

また、ローカードを引いた側は、仮に相手がAを見せていてもベットすべきです。

だって、まだこんなバラバラなハンドですら、57%も勝率があるのですよ。

ここでチェックしてしまう人も、即弱い認定です。

 

5thも同様に、

「ハイカードの枚数が多いプレーヤーがチェックして、ハイカードの枚数が少ないプレーヤーがベット」

していくのです。打たれた際は、オッズが合うかどうかを考えて行きます。基本的にはハイカードを2枚引いて、相手がハイカード0枚ならフォールド、相手がローカード1枚なら状況次第、となります。

6thと7thは、5thでの動向やボード次第で変わってきますし、一言で言えませんが、5thまででしっかりベットが入っていればそれなりにオッズが合うことになるので、よほどツラいボードじゃない限りオッズコールしていくことになるでしょう。

 

 

ところで、ローカードには天敵がいます。

f:id:nkeyno-poker:20200527150049p:plain

それはこれ。77や88にローカードのヒモがついたハンドです。

1枚引いただけでハイを逆転できるAを持っていても44%。綺麗にコネクトしていても44%。コネクトしていないと40%ほどしかありません。

そう、256のようなハンドでオープンしても、(XX)7や(XX)8を持っている人がレイズしてきたら、77や88を疑うべきで、またそれらに対してこちらは非常に苦戦することになるのです。

逆に772や882などを持っていたら、ハンドがある程度バレたとしても、3rdでレイズして行くのが良いです。人数を減らし、ポットを獲得しやすくし、有利なときにポットを極力ふくらませるのです。

これらのハンドをパッシブにプレイしてしまうのは非常にもったいないですし、よほどの理由がない限りしっかりレイズしないと弱い認定です。

 

ただ、これは知ってさえいれば実戦に活かすのは非常に簡単です。また、相手がすごく強くても、同じプレイをせざるを得ないのです。

スタッドハイローは、ある程度のところまで行くのはすごく簡単で、そこに到達したらたとえトッププロ相手でもさほど期待値的に負けずに済む。にもかかわらず、ここまで書いた基本が出来ていないプレーヤー相手からは大きなエッジを獲得できるので、勉強するメリットが非常に大きいゲームなのです。

 

 

 

リミットホールデム戦略、BBのプリフロップとCB

https://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2018/05/29/113000

ミックスゲームのうちの、リミットホールデムの記事です。

3本目です。

 

NLHEしかやったことがない人では、言われないとなかなか自力で気づくのは難しいけど、言われてみたら確かにというプレイが1組2つあります。

 

まず、リミットホールデム(FLHE)ではコールしたらHUになるシングルレイズに対してはBBで80%以上ディフェンスします。

2bbのオープンしか出来ず、モア1bbの投資で4.5bbのポットに参加できます。

NLHEだと、レンジの強さでも負けていて、ポジションも取られているので、トータルのインプライドオッズのマイナスが非常に大きいため、同じ2bbレイズに対してもここまでディフェンス出来ません。ある程度で良いので、ナッツ級になるポテンシャルが無いとツラいのです。しかしFLHEでは、べット金額が固定されている(=小さい)ので、失うインプライドオッズが小さいです。これはスチールする側からすると魅力低下だし、BB側からするとより守るモチベーションになります。

 

とはいえ、ボタン側からも、ハンドを選んだ大きな3ベットを食らうことも無いので、スチールは100bbのNLHEとほぼ同じくらいの頻度で行います。

アーリーからだと、QJoのような微妙なトップペアになりやすいハンドをNLHEだと捨てると思いますが、それらを入れ、ローペアやスーコネを削ります。

 

さて、ボタンからスチールに行って、BBがコール。

フロップ開きます。

ボタンのレンジは上位40%とかですが、BBのレンジは80%以上。クズ手といえるハンドも多々含まれます。

 

フロップでのポットは4.5bb(リミットゲームでは正確には4.5SB、もしくは2.25BBと表現すべきですがまあNLHEプレーヤーのわかりやすさを優先します)

フロップでベットをするなら、4.5bbのポットに1bbを打つことになります。

これはコールする側のオッズも良いけど、ブラフを打つ側のオッズも非常に良いです。

ランダムな2枚がフロップでペアになる確率は1/3ほど。逆に言えば、2/3はフロップでペアになりません。いくら相手がコールのオッズが良いと言っても47QのボードでJ2でCBをコールするのは非常に難しいです。

なので、オリジナルレイザーはCBを100%打つのが正しい戦略なのです!

NLHEを打っていると、プレイのバランスが気になってしまうかもしれないです。しかし、全部打つのはそれはそれでバランスが取れてるし、何よりリミットなので、相手のチェックレイズが全然怖くないのです。NLHEだと、セカンドペアでベットしてチェックレイズされたら非常に困りますが、FLHEならコールすればよいだけなのですから。

 

なので一般的にはリミットホールデム界隈では、

ヘッズアップのCBを打たなかったらフィッシュ

なのです。

 

さて、次にBB側から考えて見ましょう。

ボタンがオープンして、BBでAAが入ってます。3ベット。ボタンコール。

フロップXXX

べット、コール。

当然な進行に見えるでしょう。

しかし、考えてみてください。

プリフロップでコール止めして、フロップでボタンは100%のCBを打ってきます。それに対してチェックレイズすれば、全く同じポットサイズになっていると思いませんか?

そう、バリューとしては全く同じです。

一方、そういう風にプレイすることで、BBからの80%以上の大半を占めるコールレンジに、AA等の強いハンドを入れることができるのです。

もし、強いハンドを3ベットして、全体で80%のBBをプレイしたら、A96rのようなボードでは殆ど戦えません。

一方、AA以外にもBBから強いハンドで一切3ベットをしなかったら、BBから8Tsのようなハンドでチェックレイズする選択肢が生まれます。強いハンドで3ベットをする人のこのチェックレイズは全く怖くないですが、強いハンドがコールレンジに入っている人のチェックレイズは非常に怖いです。

バリューベットとしては全く一緒の価値で弱いハンドのプレイアビリティーが上がる。なので、BBからはヘッズアップでは3ベットは一切しないのが正しいのです!

 

まとめ

ヘッズアップのCBは100%打つ

ヘッズアップのプリフロップのBBは3ベット率0%

これらに反したプレイをしているのを見たら、リミットホールデムの基本が分かってないとみなして良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

コロナ騒動の展望2

https://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2020/04/08/163514

4月最初にこんな記事を書きました。

一ヶ月半経って、今の自分の展望を書きます。

 

まず、4月に書いたこの展望のうち、どれに近い状況になっていると自分が思うか。

それは3つ目の、良いシナリオです。

 

日本では感染爆発もしなかったし、多分これからもしなさそうです。

感染していない人も含めてみんながマスクをすれば、再流行の兆しが見えてもそこまで感染爆発はしないだろうと言うことが分かってきました。

更に、この記事

https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/1235

日本医師会から出た公式声明です。

(5/22追記。これは有識者会議の参加者2名の個人的見解であって、医師会の公式声明ではないとのことです。間違えてました、すいません)

 

香川県の保育園で職員11人の感染が確認された事例でも、園児147人のうち感染が確認されたのは2人だけだった。」

 

日本の方針では、怪しい症状が出てもなかなか検査してもらえないけど、濃厚接触者は全員検査してます。確実に言えることは、職員が11人も感染したということは、園児147人のうち大半には、コロナウイルスが侵入したはずです。

しかし、実際に感染したのは2人だけ。園児147人中145人に関しては、大半がからだに入ったものの、自然免疫だけで簡単に撃退してしまったということです。

 

自分は、2月前半まではコロナウイルスを過小評価してました。

2月後半には、この感染力の強さに驚き、抑え込みは諦めるべきだと思ってました。

同じ認識のまま4月。

しかし、その後色々分かって来て、このウイルスは

「一部のハイリスク者以外に対しては、異常なまでの弱いウイルスである」

ということです。

数字は大体の感じですが、このウイルスの怖さという意味で季節性インフルエンザと比較して

 

・10代以下の子どもにとっては、インフルエンザの100分の1以下

・20代から30代の健康な人にとっては、インフルエンザの10分の1以下

・糖尿病患者等の基礎疾患がある人の場合や喫煙者にとっては、状態によってインフルエンザと同等から数倍

・糖尿病患者かつ喫煙者、のように、複数に該当する場合は、インフルエンザの10倍以上

 

というものだと思います。4月の記事を書いたときと比較して、

コロナウイルスは当初思っていたよりずっとずっと弱いウイルスであった

ことが分かってきたのです!

 

インフルエンザは幼児と高齢者に重い疾患になりやすいですが、コロナウイルスは若い健康で痩せてる人にとっては当初思っていたよりずっと軽いことが分かったのです。当初はそういう健康な層でインフルエンザと同等くらいと思われていたのですから。

 

 

ここからが難しい問題です。

・一部の人が重症化しやすいなら、その人を守るために全員が自粛すべきなのか。少なくても公平ですし、今健康でも、誰でも疾患を持つことはあります。

・それとも、ウイルスが蔓延することを許容し重症化しやすい人だけ自粛すべきなのか。公平じゃないけど、社会的に効率は良いです。

 

ここが議論の分かれるところじゃないでしょうか。

 

自分の意見としては

「半年位の自粛で地球上からコロナウイルスを撲滅出来るのであれば、この程度の弱いウイルスであっても自粛を頑張るべき。しかし、ウイルスを世界から撲滅することは不可能。幸いなことに、当初思っていたよりはるかに弱いウイルスであることが分かった以上、他のデメリットを取り続ける必要はない」

というものです。

 

人間は誰だっていつかは死にます。

それならば、命ある間は極力自由に行きたいじゃないですか。

疾患が多く、ハイリスクな人には申し訳ないけど、その大半を占める高齢者はコロナウイルスがない世の中を生きてきたわけです。

コロナウイルスに関しては、行政は基本的に介入するのをやめ、学校を動かし、社会を動かし、指定感染症への指定を外し、各自が自分の判断で予防するのが良いと思います。

そう、食中毒とかインフルエンザとかと同様に。

 

 

参加レンジと強制オールイン

https://twitter.com/key_poker/status/1262480818481410055

 

こちらのアンケートをさせていただきました。

BBが強制オールインで、それ以外の人が全員10bbの時、オールインレンジはどちらがタイトであるべきか。

 

まあ、計算機に入れるのが一番簡単ですね。

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=1000&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=100&p1=1&p2=0&p3=0&sb=50&bb=100&ante=13

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=1000&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&p1=1&p2=0&p3=0&sb=50&bb=100&ante=13

6マックスUTGからのレンジで計算させてみると、

 

BBが強制オールインなら

13.9%, 55+ A8s+ ATo+ K9s+ KJo+ QTs+ JTs

 

BBが10bb持ちなら

23.7%, 22+ A2s+ A8o+ K8s+ KTo+ Q9s+ QJo J8s+ JTo T8s+ 98s

 

はい、全然違いますよね!

断然、10bb持ちのほうが広くオールインできます。これはなぜ?

それは、BBが強制オールインだと、絶対にスチール出来ません。

一方、HJからSBまでは同じ10bbを持っているので、オールインしたときに強いハンドにコールされるリスクはそこまで変わりません。

BBが強制オールインのときは、こちらのオールインよりBBのハンドが強くてコールされる場合だけ10bb持ちだと損をしますが、そもそも他の4人に強いハンドが入っていてもリスクは変わりません。

一方BBが10bb持ちならコールレンジは

 

17.3%, 22+ A4s+ A7o+ KTs+ KQo QJs

 

です。SBまでフォールドで回った場合、BBが10bb持ちなら82.7%でそのままポットを獲得出来ますが、強制オールインだったらそこで相手のランダムハンドと勝負して勝たないとポットを獲得できません。

なので、BBが強制オールイン(もしくはそれに近い状態)のときはオールインレンジが一気にタイトになるのです。

 

・5人降ろしたらポットを取れる

・4人降ろし、BBと勝負して勝ったらポットを取れる

この二つだったら後者のほうがずっと大変なのに、貰えるポットは同じなのです。

スタッドハイローの基本的な考え方1、ビッグペア編

https://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2018/07/15/143218

ルールについてはこちら参照。

 

ミックスゲームで、初心者と上級者の差が出やすいゲームのトップ2が、スタッドハイローとオマハハイローです。

特にスタッドハイローは、基本的な考え方を抑えておけば、相手がトッププロであってもそこまで期待値を失わずに戦え、相手が弱かったら大きなエッジを獲得できるにも関わらず、そこのレベルに到達するのが比較的ラクなゲームです。

 

まずは基本的なスターティングハンドから。

基本的には

・ローカード3枚(247とか)

・ローカードのペア+ローカード(663とか)

・ハイペア(QQXとか)

これらがスターティングハンドになります。

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153452p:plain

KKに対する、色々なハンドの勝率です。

大体KK側が優位ですが、相手が567rだとほぼ五分です。

さらに連続してスーテッドになると勝率は逆転します。

A持ちのローカード3枚は基本的に勝率が上がります。

Aはハイもローも最強のカードなのです。

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153520p:plain

4枚目のカードにロードロー側にローカードが来たとしましょう。

すると、現状ハイのドローが無いようなものですら勝率が50%を超えてきます。

なので、4枚目で相手にローカードが入ったら、ビッグペア側はチェックして、ベットに対してコールします。

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153541p:plain

5枚目で、相手に3枚目のローカードが配られました。

すると、色々なパターンに対してこちらはアンダードッグです。

ここでKK側はチェックして、ロー側がベットします。

この時何を考えるべきか。

3rdでKKが1SBにオープンしてローがコール。

4thでKKが1SBをチェックコール。

6から8人ゲームだと、アンティの合計が1BBくらいになり、ブリングインも考えると、だいたい3.2BBくらいのポットになります。

もし3rdでレイズが入っていれば4.2BBです。

ここでKK側は

「基本的に5th6th7thの3回全部コールする」

前提で考えます。すると追加コストは3BB。現状のポットは3.2BBあるので、必要勝率は3/9.2=32.6%ほど。

76542のように、フリーロールされた上で更にオープンエンドまでついている形に対してちょうどコールかフォールドかのボーダーです。それ以外のハンドに対してはイージーコールですね。

なので、(XX)742rのようなボードに対しては3回チェックコールする前提でコールするのです。

 

では相手のボードが(XX)A63rなら?

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153603p:plain

相手がAAを既に持っていたら、全然オッズが合いません。

A3456に対してもオッズが合わないです。

しかし、36%、42%ある相手の組み合わせもありますよね。

これが非常に悩ましいです。レインボーなら際どくて、3rdと、4thまたは5th、がスーテッドならフォールドすべき、という感じでしょうか。

 

相手のボードが467のように既にストレートの可能性があるものならどうでしょうか。

 

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153623p:plain

色々入れてみましたが、軒並み40%弱です。平均すると38%とか?でも32%よりは高そう。

しかし当然ですが、相手が既にストレート完成なら、ドローイングデッドで、その分を考慮に入れないといけません。

ストレート完成相手には2%から3%しか無いので、その組合わせが少し入った瞬間に平均的なエクイティを大きく押し下げます。

なので、467rは既にチェックフォールドが正しいと思います。

 

ということは、見るまでもなく3枚くっついたボード相手、例えば(XX)567のようなハンドにはチェックフォールドが良いでしょう。

 

ではスーテッドなら?

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153643p:plain



ストレートドローがないローだけ完成、でもフラッシュドローがある。

それに対しては既にオッズが合いません。

ってことは、3枚スーテッドに対しては、相手が1枚スート持ちに対してこれだし、フラッシュドローが実際はなくても不利だし、フォールドするところです。

 

 



相手が5thでハイカードを引いた場合は?

 

f:id:nkeyno-poker:20200519153711p:plain



これはキレイなオープンエンドになっていてやっと勝率が五分です。

なので、4thでチェックコールしますが、5thで相手がハイカードを引いたらべットし、6thでローカードを引かれたら何でもチェックコール、ハイカードを引かれたらべットというのが自然です。

 

スタッドハイローの簡単なところは、ロー側を持ってもハイ側を持っても、6th7thでのプレイが非常に簡単なところです。

ハイ側は、6thに行ったら降りなくて良いです。結果的に2ペア等にペイしてしまう可能性はありますが、それはしょうがない。

ロー側はローを引けたらベットして、ローを引けなかったらブラフせず諦める。バリューを取るためにブラフを混ぜないと行けないのはポーカーの基本ですが、スタッドハイローの場合はロー確定でハイが負けてるとわかっててもべットしていくので、ブラフを

一切しなくてもベットが十分高頻度なのでブラフを混ぜる必要がない、というか混ぜてはいけないのです。

ドショートのプレイ

https://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2020/05/11/103234

先週はチップリからのプレイを解説しました。

 

今日は一転して、ドショートからのプレイを解説しようと思います。これ、チップリのプレイ以上に相当多くの人が勘違いしていると感じます。

 

どんなにチップが増えるようなプレイをしても、オールイン負けしたりしてドショートになることはトーナメントプレーヤーなら避けられません。

 

では、9人テーブル、全員10bb持ちで、自分だけ2bb持ちの場合を見てみましょう。

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=1000&s2=200&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&s7=1000&s8=1000&s9=1000&p1=1&sb=50&bb=100&ante=13

 

ICM計算機は

78.3%, 22+ Qx+ J2s+ J5o+ T2s+ T6o+ 92s+ 96o+ 82s+ 85o+ 72s+ 75o+ 62s+ 64o+ 52s+ 54o 42s+ 32s

なんと78%ものハンドで参加しろと言います。

デッドマネーも多いし、チップ期待値は確かに高いです。

しかし、これ本当に合ってるのでしょうか?

 

上の方を見ると、このレンジでオールインして、チップ期待値が200→220になると計算機は言ってます。まあそれはわかります。

仮に誰かがオールインして他が降りると、667のポットをプレイすることになります。

 

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=200&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&s7=1000&s8=1000&s9=1000&p1=1&sb=50&bb=100&ante=13

ところで、これはUTGです。

やっぱり76%でオールインしてチップ期待値は225点と言います。

 

ドショートは、デッドマネーの存在で、1ハンド単位で見たら、よほどひどい手で参加しない限りチップ期待値はプラスになるのです。

UTG+1でオールインすると、ダブルアップ(チップ的にはトリプルアップ)するか飛ぶかします。すると、UTGで25チップ得できる権利が消えるのです。

 

UTGでのオールインを考えましょう。

確かに76%でオールインしてチップ期待値225。

でもこれは、65%で飛んで、35%で640点になるというような結果なのです。

 

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=1000&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&s7=1000&s8=1000&s9=187&p1=50&p2=30&p3=20&sb=50&bb=100&ante=13

UTGで降りて、次のBBでのエニーハンド勝負になったとします。

その時のチップ期待値は180点。

誰か一番強いハンドの人とオールインになって、エニーハンドでコールし、2/3で飛んで1/3で540点になるという感じです。

 

一方、先程UTGからプッシュしてコールされて勝った場合、チップは640点になります。

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=1000&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&s7=1000&s8=1000&s9=640&p1=50&p2=30&p3=20&sb=50&bb=100&ante=13

その結果がこちら。

6bbちょっと持っているのでそれなりにフォールドすることになります。

ざっくりとチップ期待値が640点→570点ほどになるようです。

そう、UTGは、次がBBなので、

「ダブルアップしたらフォールドして1bbを失う可能性が高い。一方降りたら、エニーハンドのオッズコールをする権利がある。UTGからプッシュすると、BBのエニーハンドコールをする権利を失う」

のです。

UTGでオールインを勝っても、BBでオールインを勝っても、SBが来る時のチップ量はほぼ同じです。

UTGから76%でプッシュしてコールされて勝ったときは640点と見積もりましたが、BBが終了するまでのチップ期待値を考えると、実は570点しかないのです。

 

640点のチップなら、

187/640=29.2%

ほどあればOKなので、ドミネイトされていなければオッズは簡単に合います。

一方、次がBBであるということまで考慮すると、

187/570=32.8%

2アンダーでオッズが合うかどうか微妙になり、ドミネイトまで考えるとそうそう弱いハンドで入れるわけにはいかなくなります。

たった3.6%ですが、この差は非常に大きいのです。

具体的にどの程度で入れるか、と言われると迷います。

2bb持ちなら、SBまで全員フォールドで回った場合は、50%を少し超えるくらいは欲しいかなと感じます。

 

これが、最初のスタックが1bbちょうどくらいだった場合。

計算機は

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=100&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&s7=1000&s8=1000&s9=1000&p1=1&sb=50&bb=100&ante=13

エニー2で入れろと言います。

しかし、エニー2で入れて勝った時、次のBBで428点で座っていることになります。BBとのオールイン勝負なら354点ですし、SBとのオールイン勝負なら378点ですね。

やはりそこから70点ほど期待値を失ってSBを迎えます。

一方降りてBBで強制オールインの場合は

https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=1000&s2=1000&s3=1000&s4=1000&s5=1000&s6=1000&s7=1000&s8=1000&s9=87&p1=50&p2=30&p3=20&sb=50&bb=100&ante=13

110点の期待値でSBを迎えます。

1/3で勝ったら324点、2/3で終了という感じでしょうか。

そう、ドショートなら、チップ期待値プラスの勝負をしてBBを通過出来るのですが、チップを持つと、チップ期待値マイナスの勝負を経てBBを通過するのです。

 

ドショートでオールインするのは、1ハンド単体で見ると+EVに見えるかもしれません。

でも、常に+EVの勝負は出来るわけで、その権利を未来に取っておくという感覚が非常に大切なのです。

 

 

 

ファイナルテーブルチップリのプレイ

有料記事にするか迷いましたが、オフィシャルブログに投稿します。

きっとこのことは時代が変わっても変化しないはずだと自分は思うので。

 

多くの人が誤解しているのは、ビッグスタックの活かし方です。

残り9人。スタックが少ない方から

10bb、12bb、15bb、20bb、32bb、35bb、38bb、45bb、80bb(自分)となったとしましょう。また、賞金分布は一般的なトーナメントの分布だとします。

 

1、オールインになってもこちらは飛ばず相手は飛ぶので積極的に攻める

2、ショートスタックにはプレッシャーをかけていく

3、ショートのオールインは負けてもそこまで痛くないし、勝ったら人数減らせるので積極的にコールする

 

こんな感じでしょうか。しかし、この中でしっかりと正しいのは一つしかありません。それはどれでしょう?

 

 

それは、1だけです。

まあ、2はそこまで大きくズレてもないけど、という感じで、3は完全に誤りです。

解説していきます。

 

まず、自分は80bbを持っていて、対ショートスタックに対してはバブルファクターは大きくありません。

https://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2018/03/20/150007

 

一般的なアベレージ持ちのファイナルテーブルは1.5とかで、ショートはもうちょっと高め、チップリはショート相手なら1.1とか1.2でしょう。

 

ICMは

 https://www.holdemresources.net/nashicm?action=calculate&s1=3800&s2=1500&s3=4500&s4=3500&s5=3200&s6=1200&s7=1000&s8=2000&s9=8000&p1=100&p2=70&p3=50&p4=35&p5=25&p6=20&p7=15&p8=12&p9=10&sb=50&bb=100&ante=12

 

https://gyazo.com/a1d3a80aade74f283497e132b8d6c658

ボタンから10bbがオールインして、SBが降りて、自分がチップリのBB。

ボタンのプッシュは35%。それに対してBBでは29%ほどコールするように言います。

まず、これより広くコールすると思った人、完全な間違いなので気をつけましょう。

9人から8人になると、確定する賞金は増えます。

しかし、チップリの立場なら、そもそも9位で終わる可能性は殆ど無いですよね。それならば、飛ばして8人にするメリットは小さいのです。

一方、他のショートスタックは、誰かが飛んで賞金が上がるとめっちゃ嬉しいですよね。そう、飛んで嬉しいのは他のプレーヤーで、飛ばすということは他のプレーヤーのバブルファクターを小さくすることになるのです。

 

また、実際のプッシュは、そういう飛ばすコールをしてくるビッグスタックがいるため、ナッシュが言うレンジよりタイトである可能性が高いです。するとなおさら固くコールするべきなのです。

 

自分がBBなら、ここから2つ3つタイトにコールします。

そう、チップリの立場からすると、ショートスタックには生きていて欲しいのです!勿論、強いハンドが入ったらコールしますが。

ショートが生きていると、20bbくらいの人はリスチールに行きづらくなります。強いハンドを持たれていた時のリスクが大きくなるからです。

そうやって、広く小さくスチールに行くのです。

ショートスタックは、バブルファクターのためにBBをディフェンスするのも難しいです。高いリスクを取らないといけないですから。

 

 ビッグスタックは、じわじわと飛ばさずにチップを増やすのが理想なのです。そうすると、どんどんスチールが通りやすくなります。

A5oでミニレイズでスチールして、12bbにオールインを返されても、フォールドして良いでしょう。際どかったら全部降りるのです。

勿論、そうプレイすることがバレてたら多少は良くないです。しかし、実際わからない上に、本当に強いハンドを持っていたら当然コールするので構わないです。

 

10bb持ちのショートスタックは、どこかで勝負をかけないと、どうせ7位以下で終わってしまいます。なので、見た目よりは勝負をかけないといけないのです。それをいじめすぎるよりは、10bbくらいでキープしてもらって、こちらは30bbから45bb持ちのミドルスタックからチップを貰うというイメージでいると良いです。

そう、チップリが真にいじめるべきなのは、ミドルスタックなのです。

ミドルスタックが2bbにオープンして、チップリで5.5bbに3ベット。ミドルスタックは相当ハンドが強くないと降りざるを得ません。見た目よりずっと小さなリスクでスタックを増やせるのは、実は対ミドルスタックなのです。

 

バックギャモン界の某社長が好きな言葉ですが、

「真綿でじわじわ首を絞める」

この言葉こそが、チップリでファイナルテーブルに入った時にピッタリ目指すべきプレイなのです。