木原直哉オフィシャルブログ

プロポーカープレーヤー、木原直哉が、思ったことを書いていきます。道場やってます。https://lounge.dmm.com/detail/308/

相対的と絶対的、良いと悪い

ツイッターとかで見ていて、よく思うのです。

相対と絶対を混同して使っている人があまりにも多い、と。

 

主に、「良い」「悪い」という言葉に関して。

「良い」「悪い」とか、「大きい」「小さい」、「多い」「少ない」、「強い」「弱い」と言うのは、相対的な評価を表す言葉です。

ある日本人の身長185センチと言うと文句なく「大きい」ですよね。それは平均的な日本人と比較しているわけです。一方、NBA選手の身長が185センチと言うと、「小さい」です。それは平均的なNBA選手の身長と比較するからです。

身長185センチという数字が、絶対的に大きかったり小さかったりはしないのです。

良い悪いも同様で、比較でしか語れないものなのです。

 

よく治安の問題で

「日本でもこういう事例はある。だから日本が治安が良いなんて言えない」

という文章を目にします。

でもですよ、「良い」は比較を表す言葉なので、それより治安が良い国をそれなりに指摘しないと

「日本の治安が良いとは言えない」

という発言は間違いなのです。

 

そして、「良い悪い」は相対でしかないので、

「良い=改善するところがない」

でもないのです。

他と比較して、確かに良い。でもまだ良くする余地はある。そこを良くしていこう、となるのです。

藤井聡太二冠は将棋が強い。これを否定できる人はほぼいないでしょう。

しかし、藤井聡太二冠でも、まだまだ強くなれる部分はめちゃくちゃたくさんある。

 

なので、

「○○という事件があるから、日本は治安が良くない」

と主張した人がいたら、それに対する感想としては

「良い、という言葉の定義を勘違いしているし、それによって「から」という言葉が何も因果も示せてない」

となるのです。

 

これがもし、比較対象が

「話者の理想とする完全に犯罪がない世界」

だったとしたら。

それなら、

「日本の治安は良くない」

と言って良いでしょう。

しかし、理想とする世界との比較なら、世の中全て治安は悪いことになるし、「日本の」と限定する意味もないし、そもそもこの文章自体何も意味しません。

藤井聡太二冠は将棋の神様と比べたら弱い」

うん、正しいですよ。で、それで何を言いたいの?その文章に何の情報価値もないよね?となるのです。

 

 

 

男の生きづらさと女の生きづらさ

 

このツイートを見て、本当にそう思います。

男の生きづらさと女の生きづらさって、結構異質なものなのです。

女性の生きづらさは、散々言われているよね。

 

男は子どもを産むことも母乳を出すことも出来ないから、子育ては必然的に女性が多く分担することになりやすいです。

すると必然的に男性はたくさん働くという分担になる。是非は置いといて、そうなりやすいのは間違いないです。

女性の生きづらさとは、子育てや育児のために途中で離脱することが想定されたり、そこで退職する可能性があるため、会社が戦力として見づらくなる。

すると、バリバリ働きたい女性からすると、自分自身の扱いに対して非常に大きな不満を感じるわけです。比較対象の男性社員より圧倒的に優秀ならともかく、同じ位だったら男性の方が優先的に選ばれる。そこは大きな不公平でしょう。そこが一番の生きづらさだと思います。

 

一方で、バリバリ働きたいという以外の生き方をしたいならば、女性の方が現状、圧倒的に選択肢が多いのです。

今の段階の世代までは、女性は家庭に入るのが当たり前という価値観がありましたが、今は子どもがいても、働く人もいれば専業主婦になる人もいるし、子育てをメインにしながらパートで働くという選択肢もあります。いろんなゆるい働き方が可能なのです。

 

そこと対照的なのが、男性の生きづらさです。

バリバリ働きたいというタイプの人なら、かなり変わったとは言え、依然として断然男性の方が生きやすい世の中だと思います。

しかし、バリバリ働くのは辛い、という男性にとって、この社会は非常に冷たいのです。正社員になってないと、結婚どころか、パートナーを見つけることすら至難です。

世間一般の生活をしたいと思ったら、どんなに性格的に合わなくても働かざるを得ない。合わなくても無理やり働かざるを得ないので、鬱にもなりやすいし、女性よりずっと自殺率も高いのです。

また、よほど能力が高くないと、一時期遊んでたけどまたバリバリ働くことにします!というような生き方は認めてもらえない。女性が、キャリアの途中での離脱があり、そのために仕事で不公平な評価を受けてしまうこととは対象的に、男性はキャリア途中で離脱することが認められないのです。

 

自分は大学を中退する覚悟で休学しましたが、どうやって食べていくのか24歳のときでも全く検討もつかなかったです。普通に就職することも難しい。

塾で手取り18万円で年金も無しでずっと生きていくのかな、と。

その後、自分にあったものがたまたま見つかったから良かったものの、レールを外れることのリスクの大きさは女性の比じゃない。

「選択肢が非常に少ない」

これが男性の生きづらさなのです。

 

そして、この生きづらさはなかなか理解して貰えません。単なる怠け者のレッテルを貼られるし、当然パートナーなんか見つかりません。女性の生きづらさとして、子どもが産まれた時の離脱とそれに伴う不公平な扱いというのがありましたが、男性だとそもそも子どもを持つことすら出来ないのです。

 

単なる怠け者のレッテルを貼られているので、そういう人にフィーチャーした記事は出てこないし、メディアにも取り上げて貰えない。

コミュニケーションが苦手で、就職するのが困難。でも、フリーで生きていくのは就職する以上にコミュニケーション能力が問われたりします。かといって、そういう人が多数いた、いわゆる「職人」という人はこの文明でどんどん減っています。

生きていくためには何かで圧倒的なスキル、適性を持っていないといけないのですが、たまたまそれに巡り会えるかは運です。

 

男性の自殺率は女性の2倍以上です。

合わないにも関わらず離脱がほぼ許されないレールの上で疲弊した人。離脱した結果、生きていくすべを失った人。それがこの数字に現れているのではないかなと思うのです。

 

 

ゲームのプロを目指す人は進学をすべきか

将棋の世界では以前は

「プロ棋士を目指すなら、中学を卒業したら高校進学せずに将棋一本で行くべきだ」

という考え方が主流でした。

それが大きく変わったのはいわゆる「羽生世代」の活躍です。

先崎先生以外は揃って高校に進学しました。

特に最近復調していて、50歳を迎えたにも関わらず竜王戦の挑戦者決定戦を戦っている丸山先生は早稲田大学に進学しています。

高校に進学してもその後の活躍にはなんら影響はない。そういう考え方が主流になったのです。

 

では大学はどうでしょう。

今の30前後でタイトルを取った人たちで言えば、広瀬八段と中村太地七段が早稲田大学、糸谷八段が大阪大学大学院。

豊島竜王、永瀬二冠、菅井八段、斎藤八段は大学には進学せず(もし間違いがあったらツイッターで指摘してください)。

ここは色々分かれそうです。

ただ、このメンバーは、高校生のうちにプロ入りしているか、高校卒業してすぐにプロ入りした人たちだらけではありますが。

 

*9/18注:永瀬二冠と菅井八段は高校中退で、年齢的には高校生の時にプロ入りだけど、実際は中退後にプロ入りとの情報を頂きました。

*豊島竜王は大学中退とのことです。

 

 

以前遠山六段が

「朝、妻とケンカをした日は、対局で殆ど勝ってない」

とブログで書かれてました。

ゲームのプロって、非常に小さな差を突き詰めて考えていかないといけないので、非常にメンタルが大切になります。これは本番でもそうだし、練習に関してもそうです。

むしろ練習においてのほうが、ある意味もっと重要かもしれません。時間が長いので。

 

結果が出続けている時は、大学に行く時間でもっと本業の研究したりプレイをしたりした方が良い、と思うのです。しかし、

「退路を断つ」

というのは、集中する上で一見良いように思えるかもしれませんが、調子が悪いときのメンタルに非常に大きな悪影響を与えてしまうのです。

ゲームを真剣にプレイしたことがない人には分からない感覚だとは思いますが、いつもと同じように体調を整えて、睡眠時間を取って、同じような時間にプレイしても、良いプレイをしっかりし続けることができる時と、なぜか悪いプレイをたくさんしてしまう時があるのです。

これが2,3週間から2,3ヶ月の間で周期的に来るんですよね。

この波の調子が悪い時、大学とか別にやるべきことがあると、メンタルは本当に救われます。やるべきことが他にあるというだけで救われるのです。単なる気晴らしというレベル以上に。

一方、本業一本に絞っていたら、この調子が悪い時に途方に暮れるのです。

「自分は他に何もせずにこのゲームばかりやっているのに、このゲームでなんでこんなに成績が出せないのだろう。このままだったら自分の存在価値はないんじゃないだろうか」

と。このときの黒い気持ちはなかなか強烈です。そして、この黒い気持ちが心にある時は、スキルが伸びることは殆どないのだと自分は思うのです。

 

自分は大学を卒業して2ヶ月後に、絶不調の時期が来ました。自分はかなりメンタルが強い方だと自分でも思っているし、多くの人にも思われていると思いますが、それでもこのときのメンタルはなかなかキツかったです。在学中はこういうことは無かったんですよね。多分、調子が悪い時はちょっと多く寝て大学の課題をこなすことで気が紛れたのでしょう。というより、他にやらないといけないことがたくさんある時は、調子の波がそもそも小さかった気がします。

それでも自分は大学を卒業していたし、いつでも塾の講師をすれば食っていけるという保障はあり、塾の先生はとても楽しかったので、まだなんとかなったという面はあったと思います。

 

確固たる自信がつくと、この波はまた小さくなります。自分はタイトルを取ったことで自信になったわけではないです。

WSOPのタイトルを取ったのは2012年ですが、この自信がついたのは2014年後半でしょうか。

 

 

 

ポーカーが楽しくてしょうがない。だからもっと時間を費やしたい。なので、大学(もしくは仕事)をやめてプロを目指したい。

こういう話はよく聞きます。

しかし、本業(学業でも仕事でも)を持ちつつ勉強してプレイしていても、十分に強くなれるし、それで強くなれないならそもそも才能が無いです。

副業としてポーカーをやり、それで収入的にも十分やっていけるだけの中長期の結果を出して、生活していける確証が出来てからでも、本業を辞めるのは遅くないです。

 

将棋のプロ棋士を目指して、結局プロに成れなかった人はたくさんいます。

それなりの割合の人は、大学に行かずに将棋の勉強にコミットした人のはずです。

しかし、大学に進学していた方が三段リーグを突破する確率が高かった、という人はそれなりに居たんじゃないかなと思ったりもするのです。

羽生九段、渡辺名人(三冠)、藤井二冠のような中学生棋士は、ある意味この世界でやっていくことが確実にできることが確約されたような存在です。そういう人は確かに大学に行く時間は勿体ないと思うのかもしれません。

しかしゲームのプロは非常にメンタルが重要なゲーム。大多数の人にとっては、メンタルを維持できる環境を作ることが、プロとして成功するための近道なんじゃないかなと自分は思うのです。そしてこのことは、将棋、囲碁、ポーカー、その他のゲーム、全てに共通することじゃないかと思います。

 

麻雀最強戦

 

既に書きましたが、麻雀最強戦の著名人頭脳決戦に出場させて頂くことになりました。

10月4日にAbemaで中継されます。

 

 

kihara-poker.hatenablog.com

 

以前、ポエムっぽい記事を書きましたが、自分は割と麻雀に関しては特別な思い入れがあります。

自分は麻雀とバックギャモンとポーカーでは、ポーカーを「選んだ」人間です。一番報われるから。そして、今の所それなりに報われていますし、後悔とかは当然全くありません。

なので、今更Mリーグに入りたいなんて気持ちはこれっぽっちもありませんし、少しさびしい気持ちと羨ましい気持ちと、そして報われる保障が無いにも関わらずずっと麻雀に打ち込み続けてきた現Mリーガーたちへの強い敬意を持ってます。

 

でもですよ、かなり真剣にやってた麻雀に、シロウトとして、著名人枠で出させてもらう。これこそ、自分が麻雀に関して一番求めていることであって、なので今回のオファーは本当に嬉しかったです。

麻雀最強戦は、一発勝負。どんなにスキル差があっても、短期決戦の結果は本当にどうしようもありません。もちろん、出来ることなら本戦に進出したいけれども、自分が今回目標とすることは、Mリーグを見慣れて目の肥えた視聴者たちが

「お、こいつ強いじゃん!」

と思ってくれるような麻雀を打つことかなと思うのです。

そして、そう思ってもらえたなら、今後も

「リアルに麻雀が強い著名人」

として、呼んでもらいやすくなるはず。

カッコつけた麻雀を打つつもりはありませんし、シンプルに打つつもりです。自分の麻雀は割と普通な麻雀なので。それを目立った大ミス無くこなす。それこそが目の肥えた人から評価される麻雀だと思いますし、今回の麻雀最強戦に関してはそれを目標にしたいと思っています。

 

とりあえず、直前に1,2回は練習しないとですね・・・

 

David SklanskyとPhil Galfondと期待値、G-buck

ポーカー界には様々な才能を持った人がいます。

その中の一人がDavid Sklanskyです。

彼は、プレーヤーとして顕著な成績をおさめたわけではありませんが、ポーカーにおけるたくさんの場面を数学的に検証し、様々な理論を打ち出しました。

もう30年以上前に発売された本ですが、

www.amazon.co.jp

 

このThe Theory of pokerは出版から30年以上経ちますが、今でも評価が高いままです。ドイルブロンソンのSuper systemと並ぶ、ポーカー界の歴史的な本だと思います。

自分は英語で本を読むのがつらすぎて読んでないですが・・・

あと、この本は出版元が翻訳を事実上許してくれないという事情で、パンローリング社さんからの翻訳本としても出てないです。

 

さて、Davidはポーカーの実力について

「全員が手をオープンにしている状態での正しいプレイから乖離したプレイをするたびに期待値を失い、その乖離が相手より小さければその分が長期的な期待値になる」

という超有名な理論を発信しています。

 

 

フィルガルファンドを知っている人は多いでしょう。

今ではRun it Onceというポーカーサイト+ポーカーコーチングサイトを運営していますが、プレーヤーとしてもトップクラスであり、特にPLOプレーヤーとして有名です。また非常に数学的な知見に優れています。

自分が以前、彼と同卓した際に

「ところで、一番得意なゲームは何?PLO?」

と聞いたところ、

「いや、2-7TD。これについては確率計算を一通り終了させているから」

と言ってました。この頃(2015年)は、今から振り返ると自分は2-7TDにまだ少しリークがありました。当時はそんなことは気づいてないのですが。

 

そんなフィルですが、2010年位(もうちょっと前かも)に、デイビットの理論に対して噛み付いたのです。

「ポーカーはレンジ対レンジで行うべきものだ。仮にとあるアクションをとるレンジがQQ+、AKだったとして、たまたまその時AAを持っていても同じラインをとるすべてのハンドは同等に考え、それに対して長期的な期待値はついてくるのだ」

と主張したのです。そして、フィルのEVに対抗して、この長期的な期待値については

G-buck、ガルファンドマネーとでも言えばいいでしょうか、こう呼んだのです。

ちょうど、2010年くらいは、レンジという概念が幅を効かせる様になった時代です。多くの若手プロはガルファンドを支持していました。

自分は当時はモヤモヤしてましたが・・・w

 

そこからそれなりの時が経ち、多分G-Buckを知っている人は非常に少数でしょう。

ここからは自分の意見です。

フィルのG-buckについて、考え方としては非常に分かるのです。特にプレイする上では非常に大切です。

しかし、やっぱり本質はDavidの期待値の考え方の方が正しいのではないかと思います。そして、フィルのG-buckの考え方は、Davidが言う期待値を如何に上げる事ができるか、その方法論に過ぎなかったのではないかと。

Davidはプレーヤーというよりは研究者という雰囲気の人です。一方、フィルは完全なプレーヤーです。視点がどこにあったか、それによって同じものでも見方が変わったのかなと思うのです。

 

David Sklansky、知らなかった方はたくさんいるかもですが、もし興味があれば彼のことを調べてみてください。特に数学が好きな方におすすめです。

トッププロではないけれども、やはり古きポーカー界の異才の一人ですし、多くのプロが敬意を持っている人なのです。

 

 

経済が落ち込んでいるのに株価が上がっている理由

この記事は、完全に自分の専門外です。

一応、詳しい人の意見を見たり聞いたりして(会話させて貰ってもいます)、自分なりに理解した範囲で書きたいと思いますが、シロウトの書く内容なので鵜呑みにしないでもらえたらと思います。

 

これだけの経済の悪影響があるコロナ騒動。これからも影響は大きいはず。

にもかかわらず株価は、コロナ前の水準まで戻ってきています。

不思議じゃないですか?

 

 

その理由は、世界各国がこのコロナ騒動に対応するためにお金をたくさん刷っています。

いま、今の時代は「刷る」と言うのは比喩になりましたが、でもまあたくさん刷ってます。日本だって、全員に10万円をばらまくということは、12兆円の予算をそこだけで組んでますし、それ以外にも事業者へ数十兆円の予算を組んでます。そのお金は国債です。日本全体で1500兆円の資産合計とすると、10%弱のお金が増えたわけです。

 

世界中の「富」全体は同じか、幾分減ってます。

しかし、お金は増えたのです。

すると何が起きるか。お金(現金)の価値が下がるのです。お金の価値が下がるということは、インフレですね。

現金で資産を持っていたら、インフレした分だけ損をします。

仮に10%のインフレが起こるなら、現金で持っている資産価値は9%目減りするのと同じです。

投資家は、現金で資産を持っていると目減りすることは良く分かっています。だから今は現金で持ちたくない。かといって、じゃぶじゃぶ投入されたお金があるので、お金はトータルでは増えています。なんとかそれを目減りしない資産に変換したい。だから、金(キン)も株も不動産も仮想通貨も、価格が上昇しているのです。

 

つまり、株価が上がっているのではなく、現金の価値が下がっているために、現金を基準にした相対的な価値が上がっているように見えるのです。

今後ある程度のインフレは来ます。今はできる限り預金ではなく株とか仮想通貨とかの、預金や現金以外のものに資産を変えておくべきです。現金の価値こそが下がるリスクを抱えているのが2020年なのです。

 

 

熱中症と熱力学

自分は生物についてそこまで詳しくないです。

物理学は大学で不真面目に勉強した程度の理解度です。その前提で。

 

蒸気機関車等の熱機関(熱をエネルギー源として仕事をする機関)は、温度の高さで仕事が決まると思いがちで、そこまで間違えては居ないのですが、正しくは

「高温熱源と低温熱源の温度差」

によって仕事が決まります。熱力学の割と基本的な部分です。温度差で決まるので、200度と100度でも、50度と-50度でも、取り出せるエネルギー量は一緒なのです。

蒸気機関車の高温熱源は数百度で、低温熱源は空気の20度から30度なので、そこが10度くらいずれたところでまあ大したことないんですよね。

 

ところで、動物が動くことが出来るのも、複雑な構造がある(一旦化学エネルギーに変換するとか)わけですが、ただエネルギーを取り出す原理的には

「高温熱源と低温熱源の温度差」

であることには間違いないはずです。

高温熱源は体温で、低温熱源は空気です。

体温は38度とか(体内の温度なので)で、高温熱源は20度とか30度とか。

しかし、今日のように外の気温が37度とかになった場合、温度差が殆ど無くなってしまうのです。すると、エネルギーを生み出せなくなります。エネルギーを生み出せないということは当然動物は死んでしまうわけです。

じゃあ外の気温が非常に高い時はどうやってエネルギーを得るのか。

人間は生きる上で1日1000kcalくらい必要とします。

ところで、水が1g蒸発すると、530cal=0.53kcalくらいの熱を奪います。

水が100g蒸発すれば。53kcalくらいの熱が奪われるのです。

仮にそのうち40%がエネルギー生成の為の温度差として利用されるのだとすると、21kcal分くらいのエネルギーを生成することが出来るわけです。

体内で蒸発させたなら(呼吸で水蒸気として放出する)それを全て温度差に出来るのかな?ここらへんは詳しくないのですが。

まあ、人間が生命を維持するのに、1時間当たり20から40kcalくらいのエネルギーが必要(運動する場合は追加で必要)なのですが、それは1時間あたり100gの水の蒸発で賄えそうというのは、実感に近いかなと思います。

そして、外が暑いと動くのがだるいと感じるのは、このメカニズムを考えるとむしろ自然なことです。気温が低いうちに化学エネルギーとして蓄えたものを消費し尽くしてしまってエネルギーが枯渇した状態、というのが熱中症というものでしょうから、エネルギーを浪費しないようにしているのですね。

不正確な部分はあるかもだけど、医学や生物じゃなく、化学現象や物理現象として動物をとらえたら熱中症はこう見える、という記事でした。