木原直哉オフィシャルブログ

プロポーカープレーヤー、木原直哉が、思ったことを書いていきます。道場やってます。https://lounge.dmm.com/detail/308/

ミックスゲームの勧め、Razz

ミックスゲームの勧め、続編です。

学ぶオススメ順としては、何度か書いているようにスタッド8がかなり優先度が高いのですが、説明の都合上、Studの次はRazz(ラズ)にします。

 

http://kihara-poker.hatenablog.com/entry/2018/06/13/172833

 

ラズはスタッドと同様にプレー進行します。なので、スタッドのルールがまだ怪しい人は上のリンクからスタッドのルールを復習してください。

違いは、ラズはローゲームなのです。

スタッドと全く同様にプレーして、最初のブリングインは一番ハイカードを引いた人が行います。

イカードが同じ場合は、スートで決めます。スタッドの場合は、3sと3cがいたら3cがより下のカードなのでブリングインしますが、ラズの場合は、KcとKsがいたらより上のカードのKsがブリングインします。

ラズの場合は、Aはローカードです。

Aをローカードとして扱う場合、そのローはフラッシュもストレートも関係ありません。なので、ナッツはA2345です。

スタッドと同様にプレーして、7枚中5枚を使い、ローを競うのです。

ローの強さの基準ですが、オマハハイローのローと全く一緒です。つまり上から順に見るんですね。

A2348と34567がいた場合、34567は一番高いカードが7、A2348は高いカードが8なので、34567の勝ちです。

ルールはそのゲームをスタッドと同じようにプレーする、というだけです。

スタッドをやっていると、ルールは簡単に分かるかと思います。

実はミックスゲームって何十種類もあるのですが、基本のいくつかのゲームを覚えたら、後は似たようなことをやるだけなので、慣れたらそんなに大変なことではないんです。

 

ハイゲームばかりやってきた人にとって、勘違いしやすいものとしては、スタッドだと7枚中3枚がトリップスだったらかなり勝ちます。なので、7枚中5枚を使うのですが、使う5枚のうち2枚が無くても十分強いです。

しかし、ローゲームは5枚目のカードの強さを比較するわけです。

なので、A2Qと持っていて、2枚強いカードを持っている、ということで強気になるのはものすごい間違いで、347とローカードを3枚持っている方がずっとずっと強いのです。